手作り

ないものは作れ!

売っていないものは、全部作れば良い!
作ったら、自分だけのオリジナル痛グッズをゲットすることができます!

本当に、すごい技術を持っている人って等身大の好きなキャラクターのフィギュアでも作っちゃうんですよ。
実は、自作って結構簡単です。

ないものは作れば良い。
これは、良い精神です。
初めて自作するのなら、全体を覆うようなデコレーションや立体感のある大きい作品ではなく、小さなポイントデコ、ワンポイントアイテムがおすすめです。

愛されあったら、どんなことでも乗り越えることができる。
その考えを持ってこそオタクです。

シールを切るときなどはイラストなどを切ってしまわないようにして、貼り付ける時は空気が入らないようにして。
気を付けることはたくさんありますが、愛さえあれば、なんでもできるのですよ。

おすすめは、ラベルシールです。
比較的簡単に、オリジナルグッズを作ることができますし、ティッシュボックスや通系、スイカなどのカードタイプのアイテムに貼り付けるのも良いですね。

ラベルシールなら、デザインさえ送れば作ってくれる業者もあります。
店頭で印刷してくれるところもあるでしょう。

一番の魅力は、手ごろな値段で簡単に作ることが出来るというところ。
DSなどのゲーム機器に貼って、オリジナルグッズとして使用するのも良いですね。

布プリを使って痛グッズを作ろう!

布プリとは、布にプリントすること。
業者に頼んでもできますし、自宅で印刷も可能な機器が販売されています。

布プリを使用して印刷した布を縫い合わせて、フィギュアサイズの抱き枕を作ったり。
マウスパッドやゲームのプレイマット。
スピーカーなどを作っても良いですね。

また、アクリル板を使うと更にこだわったアイテムを自作することができます。
アクリル板に印刷するのは、自宅では難しいので、カッティングシートなどを使用して自作しましょう。

曇りガラススプレーやリューターを使うのもありです。
世界に1つしかない、あなただけの痛グッズ、作ってみませんか?

その他簡単、自作グッズアイテム

たとえば、転写シール。
アクリル板と一緒に活用したら、簡単にクオリティの高いアイテムを作ることができます。
更には、プラ板。

プラ板なら、絵を書くだけでできますし、転写シールを使うと更にこだわったアイテムが作れます。
ほかにも、透明シールやレジン、紙を使うならうちわもあり!
アイロンビーズやハメパチ、ラバーなども活用してオリジナルアイテムを作りましょう。

裁縫が得意だという方には、キャリーバックやポーチなどの自作をおすすめします。
キャラクターを描いたアイテムを作るのも良いですが、好きなアニメの劇中に出てきたアイテムを作って、主人公になり切るのも良いですね。

例えば、好きな少女アニメに出てきたテディベアと同じ色、同じ形のテディを作ってみるとか。
他人には決してわからないけど、自分だけはこれがどんなアイテムで、どんな風に使われていたかがわかる。
オタクならこの誘惑に勝てるはずもありません。

自作アイテムは、不器用だという方にもおすすめしたい。
買うより、作ったほうが愛着がわきますし、愛情こもったものが作れますよ。

掘ったらできる!オリジナル痛アイテム

ガラスに彫刻するなんて、素人芸ではないと思っている方が多いでしょう。
実は、素人でもかなり手の凝った彫刻グッズを作ることができます。

まず、透明のグラスの内側にデザイン画を仮留めします。
それを表から油性ペンなどでなぞります。

そのペンの線をなぞっていくように、専用の工具で傷をつけて模様を描いていくのです。
これを、グラスリッツェンと言います。

慣れてきたら内側にデザイン画を貼り付けるだけで、ペンの下書きも必要なく彫刻することができます。
専用の削る機械はダイソーなどの100円ショップでも販売されています。
ミニルーターと言いますが、分厚いガラスでも貫通しますから取り扱いには注意が必要です。

とはいえ、素人でも簡単に彫刻できるので、とても優れたアイテムです。
グラスとルーターの先を水につけて削ると、ガラス粉も飛び散りませんし削りやすいので、初心者の方にはおすすめです。