『SLUM DANK』

当時の単行本発行部数の最高記録

週刊少年ジャンプより1990年~1996年に連載されていた高校バスケットボール漫画です。
単行本としての発売部数は当時の最高記録を叩き出したこともあるとても人気の高い作品となっています。

週刊少年ジャンプのなかでは史上唯一となる最終回で表紙を飾るという偉業もなしとげました。
1993年~1996年にはテレビアニメとしても放送されました。

作品中の年代は原作漫画が1992年、アニメが1994年となっていますが、連載終了後の2001年にバスケットボールの大幅なルール改正が行われました。
そこで、漫画アニメ共に現在のバスケットボールのルールとは全く異なっています。

スラムダンクの時代背景

スラムダンクが連載されていた1990年代はバスケットボール界の黄金期にあたる時代でもあります。
「マイケル・ジョーダン」という人物の名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

この、ジョーダンを初め、デニス・ロッドマンやスコッティ・ピッぺなど今でも名前が出てくる有名プレイヤー達が輝いていた時代なのです。
バスケットボール自体の人気が高まっていたところで「スラムダンク」という作品が現れたこともあり人気に火がついたともいえます。

原作漫画では連載終了が突然きました。
これは対戦相手だと思われて登場してきた高校とは試合をしないままの終了となりました。
これについては続きはあるかもしれないとのことで、公式サイトでも描きたくなったら描くということでした。

アニメとしてのスラムダンク

1993年から1996年に放映されたアニメでは、DVDなども発売されているのですが、第21話と第22話の間のSP1、第61話と第62話の間のSP2の話はDVDには入っていません。
再放送すらも放送されておらずとても貴重な話です。

放送されていた時のオープニングに登場する、踏み切りがある鎌倉高校前付近では、海外からの観光名所ともなっています。
アニメは劇場版も出されていて、4作品が公開されています。